Near Monologue

気ままに独り言をつぶやき中です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ノートPC

いろいろな事情により、こんな子が増えました。
ThinkPad X60

見てわかるとおり、かなりハイスペックだったりします。
なんかしようと思ってます。

そんな時、お師匠さんからこんなものを教えてもらいました。
VirtualPC
しかも無償
まーなんて魅力的!
ぶっちゃけなんつーかWindowsXP上で別のOSを動かせるってことですよ。

というわけで!
さっそく前からやってみたかったdebianをダウンロードしました。

ひとまずVirtualPCをインストールして、debianのインストールを途中までして。。。。
そこでふと気づきました。無線LANドライバがVirtualPCのネットワークの設定欄に出てこないorz

ということで、LANケーブルを出すのがめんどくて、今日はここまで!
うーん。。。どうすっかな。。。
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

リンクのメモ。

■ASPのバッファ関連でメモ。
エンタープライズ「Windows2000
Development Guide for Business Applications」


なるほど、IIS4.0からアップデートするとまたデフォが違うんだ。。。

■JAVAの基礎講座
http://www.smg.co.jp/seminar/java/index.html

今度JAVAをやるらしい。
グーグルさんにお伺いして発見。
すっげぇわかりやすいと思う。
勉強勉強。。。
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

SQLServer+ASPメモ3(しかもかなり基礎)

http://nearmonologue.jugem.jp/?eid=73の続きです。

さて、なぜ出来ないのか?を見極める為に簡単なテーブルおよび簡単なコードを作成しました。

テーブル:test
ID | LotNo
1 | 10
2 | 5
3 | 7
4 | 1
5 | 4


コード
SQL_String="SELECT ID, LotNo from test order by ID"

response.write(SQL_String)
' コネクションオブジェクトの生成
Set objCon = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
objCon.ConnectionString="PROVIDER=SQLOLEDB;Server=***;UID=***;
PWD=***;DATABASE=***"
objCon.Open

' レコードセットオブジェクトの生成
set rsZa=server.createobject("adodb.recordset")
rsZa.open SQL_String, objCon, 1, 3

k=1
if not rsZa.EOF and not rsZa.BOF then
 rsZa.movefirst
 Do While Not rsZa.EOF
  rsZa("LotNo")=k
  rsZa.Update
  k=k+1
  rsZa.movenext
 Loop
 rsZa.movefirst
end if

rsZa.close
objCon.Close


まず青いところだけでコーディングしましたが、Connectionオブジェクトを作成してDB接続したほうがいいのでは?と言われて修正。

さて、これでも動きませんでした。悲しい
なんと理由は主キーを設定してなかったからなのです。
いくらEnterpriseManager使うの初めてとはいえ、主キーを忘れちゃだめデスヨネ。。。
主キーを設定したら動くようになりました。

■カーソルとロックタイプの調査
webをぐぐっていてわからなかったのが、カーソルとロックタイプの調査方法。
rsZa.open SQL_String,objCon 1, 3
こうやって宣言してもサーバの設定によってはこのとおりにならないことがあるんだって。
ではどうなったのかを調べるには?

Response.Write (rsZa.CursorType)
Response.Write (rsZa.LockType)
Response.Write (rsZa.CursorLocation)


これで値を表示してみると実際に何が設定されたのかわかりました。

■ロックタイプとカーソルタイプの定数
よくサイトで数字ではなくて文字でセットしてるんだけど、私がやっているところでは文字にすると定義されていないと怒られてしまいました。
なぜ?

定数を使うには、ADOVBS.INC ファイルをするか、
global.asa で 宣言をしておけばよいそうです。


■更新可能クエリかどうでないかの判別方法
どうやってやるかというとこうするそうです。

rsZa.Supports(adUpdate) がTRUEなら更新可能、FALSEなら更新不可能

adUpdateを厳密に言うと&H1008000
だそうです。
だからadUpdateの代わりにrsZa.Supports(&H1008000)でももちろんOK。


----
プログラム関係の本は買えども買えどもこれでいいと思えるものがありませんね。
同じ言語の本を何冊も何冊も。
基礎を買っても最後の何ページかしか見なかった事もあるし。
コラムしか見なかった事も(^^;;
なので最近はよっぽどのコトがないと本を買っていません。
だから、本に載ってるとんでもなく基礎の部分がわからない(^^;;;
今回は本当に勉強になりました。
丁寧に教えてくださった方に感謝。
次は同じ間違いをしないように。
プログラマネタ | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

SQL Server+ASPメモ2

http://nearmonologue.jugem.jp/?eid=58の続きです。

原因がわかりました。
前のはLoop内でUpdateデキナイ!!とかいってました。
載せなかったコードの部分に問題がありましたorz

SQL文のクエリが更新可能クエリとそうでないのがあるようです。
SQL Serverでは複数のテーブルを使って作ったクエリは更新可能クエリではないとのことでした。

なので、エラーが出て動きませんでした。

解決方法としてはLoop文の中でUPDATE文を自分で発行ました。
その過程でわかったこと。
これが私的に結構重要。
そしてそれは次の記事に続くのです。
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ASPとExcelとCookie消失。

バージョンアップの為の解析の仕事でどうにもこうにも悩んでた事項その2。

1.ASPでページを開く時にDBにアクセス
2.クッキーからユーザ情報取得
3.ユーザチェックを行う
4.Response.ContentTypeが"application/vnd.ms-excel"だよという。
5.DBから引っ張ってきた情報をセットし。
6.そうするとweb上で開くか保存するかと聞かれるので保存。

3でボーン。
調べてみたらクッキーの二つ目の情報がなくなってる。
4をやめたらクッキーの情報を取得できる。
3をやめたらExcelでダウンロードできる。

はて?

調べてみたらこんなページを発見。
MicrosoftSupportページ
自動翻訳されてるから意味があんまりわからないんだけど(特に解決方法が)
気になったのはここ。

この資料は以下の製品について記述したものです。
• Microsoft Internet Explorer 3.02
• Microsoft Internet Explorer 4.0 128-Bit Edition
• Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 2
• Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 1
• Microsoft Office 2000 Standard Edition
• Microsoft Word 2000 Standard Edition
• Microsoft Excel 2000 Standard Edition


あれ、私のってMicrosoft Office 2000 Standard Editionだよ。冷や汗
試しに他の人でPremiumな人がいたので試してもらうと
正常に動作を確認できました。びっくり

ということでそこに載っているの以外でやれということで解決。

ちなみに、もう一個引っかかったのがresponse.buffer。
IIS5.0以上ではresponse.bufferのデフォルト値が5.0より前と逆になっているようで、バッファーからあふれてました。
あふれそうなデータだったら最初からデフォルト値があってもなくても
とりあえず定義しないとダメだよね。
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

SQLServer+ASPメモ

環境:
SQLServer2000
ASP

http://www.microsoft.com/japan/msdn/sqlserver/columns/T-SQL/T-SQL5.asp

SQLServer2000では複数回のupdateをかけられないらしい。

わからないこと。

ADODB.Recordset エラー '800a0cb3'

現在の Recordset は更新をサポートしていません。プロバイダか、選択されたロックタイプの限界の可能性があります。


エラー箇所
---コードここから--
String = SELECT文
set rs=server.createobject("adodb.recordset")
rs.open String,setsuzoku, 1, 3
k=1
if not rs.EOF and not rs.BOF then
Do While Not rs.EOF
rs("No")=k

rs.Update
 ←ここでおちる。これも重複のupdateなのかなぁ
k=k+1
rs.movenext
Loop
rs.movefirst
else
'response.write("nai")
end if
---コードここまで--

ロックの問題かと思ってこうしてみたけど、エラーは変わらず。。。
rs.open String,setsuzoku, 1, 3

rs.open String,setsuzoku, 3, 3
rs.open String,setsuzoku, 3, 2
rs.open String,setsuzoku, 2, 2

ロックの問題ではないのかな。。。
やぱりupdateかと思ったんだけど、でも一回目のupdateで既に落ちるので、他の原因のような気がする。。。
ぐぐってるんだけど、理由がわからないので、しばし保留。

誰か知りませんか?┐( ̄ー ̄)┌ コマッタナ
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

テストファーストプログラミング

今仕事でPL/SQLをやってますが、一緒に作業している方よりテストファーストプログラミングでやってみようと言われましたので、挑戦です。

ってか結構面白いヨこれ。
最初にテストパターンを考えて、それに合うプログラムを組む。
何がすごいって、EclipseのJUNITを使ってやってますが、
JAVAでPL/SQL動かしてolacleサーバとつないで動作確認してるところ。
それを作った人がめっさすごいです。

JAVAのJUNITの実践ガイド

さてそんなわけで、テストパターンを作って、こうなるはずという結果を作って、動かない→動くようにするというパターンで作業してます。
テストパターンを作ると、コードが頭に思い浮かぶし、仕様面でわからないところが出てきてコーディング前に確認できるし、なにより面白い。

一緒にJAVAの勉強もちょっと出来てこれがまた面白いw

でもEclipse使ってJAVAのコーディングしちゃうと、JAVAって結局どんな風に書くのかがあんまり良く分からないということを実感しました。
Eclipseがとてもとても手厚いサポートをしてくれるので、
そんなに考えなくてもコードが書けちゃうんですね。

まぁそんなこんなでテスト&コーディング。
一番大変なのはSQL文。
コードとエラー文とにらめっこしまくりです。
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

こんなリクエストもらったけど。。。

どこって仕事でね。

携帯の画像がアップロードできて投票ができるやつ。

って簡単に言われてハーイって言ってみたけど、よく考えればこれってすぐはいどうぞってできるもんぢゃないね。。。
携帯ってメールで送らないといけないから、プログラムでメールを受信して中身見てーってやらないといけないの。
私いっつもメールの処理って詰まるので、きっとまた詰まる(ぉぃ

しかも1月末でやめようとか思ってるので間に合わない(ぁ

早く新しい人こないかな。。。
このままだと引き継げないですね。。。
とりあえず仕様書だけ作っとくか?
そうしようかな。。。
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

VBAで遊んだ。

年明けは仕事がほとんどなく、暇だったんでExcelVBAで遊んでました。
すげぇ久々。。。まともに見たの。。。

思えば私がVBAでプログラム組んでたのはExcel95でやってたんですよ。
今使ってるのはExcel2000です。

時がたつのは早いものですな。。。

といっても単にエクセルで表にかかれているものを並び替えてcsvファイルに書き出すだけなのでたいしたことはありません。

たいしたことないはず!

だがしかし一番最初にVBAのエディタ開いて思ったこと。。。。
「何書くんだっけ?」[:ふぅ〜ん:]

ま、まぁ、とりあえずここを参考にさせていただきました。
http://www.happy2-island.com/excelsmile/
分かりやすかったわっ♪

後はヘルプ見て作りました。
VB自体も相当久々だったので、途中C。。というかPHP?で書いてたり。。。
デバッグ簡単でいいよね、VB。

そんなこんなでcellsに振り回されながら、作りました。
ほんとはもっと自由度を高くしようと思ったんだけど、
それほど需要がなさげなのよね。。。

リクエストがあったら作ります♪
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

FreeBSDインストール

ちょっと仕事で必要になり、こないだFreeBSD4.7の環境を作りました。

何が一番大変ってね、FreeBSDっていろんな人に聞いて探してもらってもインストールISOがないの!
4.2とか4.8とかはあるのに。。。

結局4.11をインストールして、ダウングレードすることになりました。

メモがてらのこしてみようかと思います。

■FreeBSD4.11インストール
<参考サイト>
http://freebsd.sing.ne.jp/FreeBSD/
これが私初心者なものでよくわからんで適当に選んでインストールをしたもんだからパッケージをイロイロと忘れてしまいましたorz

次。
<参考サイト>
・http://tatsuya.info/pukiwiki/?FreeBSD%2FSA%C2%D0%B1%FE%20ISO%A5%A4%A5%E1%A1%BC%A5%B8%A4%CE%BA%EE%C0%AE%CA%FD%CB%A1
・http://nakoruru.jp/?p=152

■cvsupのインストール
これは後で気付いたのですが、インストール時にパッケージで入れればよかったみたい。
知らなくていろいろインストールしてコンパイルしたら一週間たっても出来てなかった(爆)
てかループしてた。

■CVSリポジトリの取得
・supfileの作成
もともとあるsupfileを変更して使用した方が良いとのことで、コピーする。
#cp /usr/share/examples/cvsup/stable-supfile /usr/local/etc/cvsup/
viでstable-supfileを編集する。
----
*default host=cvsup3.jp.FreeBSD.org
*default release=cvs tag=RELENG_4_7
----

・cvsupする。
#/usr/local/bin/cvsup -g -L 2 -s /usr/local/etc/cvsup/stable-supfile

■ダウングレード
・ユーザーランド
 cvsupが無事に終ったら以下のコマンドを実行する。
#cd /usr/src
#make buildworld
#make installworld
#reboot

・カーネルのダウングレード
システムの情報を見る。
#uname -a
KERNCONFになにをつけるかを確認する。
#cd /usr/src
#make buildkernel KERNCONF=GENERIC
#make installkernel KERNCONF=GENERIC
#reboot

-----
なんとこれで見事に出来ました。
Windowsと違ってなんて自由度のあるOSなのかしらと思いました。

あ、もちろんこんなの一人でなんて出来ませんよ。
一人でやったら一ヶ月たっても終ったかどうか。。。(--;;;
もう詳しい人に聞きまくりです。
プログラマネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>